スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画を見てきた

 巷で話題の『心が叫びたがってるんだ。』を観てきました。
 市内の映画館では上映していなかったので、面倒ながら隣の市まで足を運んでの観賞です。

 感想は一言で『綺麗な青春劇』でしょうか。

 キャラクターの作りこみは当然、アニメーションならではの動きによる表情表現であったり、些細な仕草ひとつひとつが丁寧に成されている印象を受けた。

 一番目を惹いたのは登場人物の感情表現、精神的な面での揺れ動きの描写あたりですかね。
 アニメはけっこう中高生くらいの年齢の登場人物が中心になることが多いのだけど、個人的な印象としてはその年齢層にしては少し達観しすぎであったり無理して年相応の感情を表に出してるって印象が強かったりするんですけど、この作品に関してはそういった雰囲気を感じなかった。

 田崎大樹はそれが一番わかりやすくて、本気で打ち込んでる物事に手が出せなくて歯がゆい思いをする。それでいてイライラして機嫌が悪くなるとか自分も経験してきたこともあって、学生の頃って精神的な部分ではやっぱりこんなところが普通にあるだろうしそれを演出する上で不自然さがない役者の演技にも見事だと思った。

 細かい内容とか上げていくとキリはないだろうし、これもう一回観に行きたいと思っているので次はもう少し深いレベルで作品を観賞できないかな、なんて思ってます。

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。