スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度死んでも君を好きになる。

 正式な題名は『死んでも死んでも死んでも死んでも好きになると彼女は言った』
 著:斧名田まにまに イラスト:竹岡美穂 出版:ダッシュエックス文庫

 帯のキャッチコピーは『命が終っても、恋は終らない。今世紀、もっとも泣けるラブコメディ開幕』とのこと。

 ダッシュエックス文庫ってどこの出版社だよ、ってくらいにはライトノベルというジャンルから離れていたのですが集英社ってことはスーパーダッシュ文庫の後継みたいですね。
 それはさておき、作品紹介。

 俺の初恋相手、支倉由依は毎年夏の三ヶ月間だけ、生まれて死んでを繰り返す。――六月。夏祭り実行委員活動に追われる日々。仲間たちの声。――七月。由依の生意気で頼りない瞳と、初めての恋。――八月。雨の味のキス。夜空を彩ったあの打ち上げ花火。すべての日々がかけがえなくて、甘く切ない思い出に満ちていた。そして最後に、心をえぐられるような別れの瞬間が訪れる。それでも俺はこの想いを決して手放さない。「死んでも死んでも死んでも死んでも好きになる」と、彼女が言ってくれたから――……。 <サイト掲載あらすじより>

 読了後の感想は、本編終了後の未来で主人公とヒロインが幸せになってくれる事を切実に願いたいと思った。
 読んでる途中からヒロイン支倉由衣の一挙一動が映像として脳内を走っていく様子に、勝手になんてかわいいんだろうかと主人公と一緒にニヤついてみたり。

 当作品は発売前日記念にSSただ君の声が聞きたくてが公開されていますので、こちらをどうぞ。これだけでも支倉由衣がどんなかわいい反応をする娘なのかわかると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。