スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆不精を直したい

 先週の話になりますが、スマホアプリ『アンジュ・ヴィエルジュ』とのコラボストーリー開始前になんとかして『ポッピンQ』を観てこなければならないという謎の使命感に駆られて観に行ってきました。翌日が上映終了日だったらしく、滑り込みセーフです。

 上映観に行く前、ニチアサ女児向けアニメ好きは是非観てもらいたい等のコメントが多く見受けられたので、「その手のアニメを観ない私にはもしかしてかなりハードルが高い作品なのでは?」とかなり警戒心高めに映画館に足を運びましたが、上映時間は朝一番の一本だけ、観客も私ともう一人の合計二人だけと、周囲の目を気にする必要がなく安心しました。

 内容は、悩みを抱えた少女たちがなんやかんやと向き合って成長して前に進みだす王道青春ストーリー。
 シンプルなテーマでしたのでストーリー自体は比較的追いやすかったのですが、あまり馴染みのない劇中のダンスシーンなどでは首をかしげましたが、その辺はよくわからないので割愛。ただ音楽とセット観てるとそんなに悪くはないのだろうなと、そんな印象。
 ただストーリー自体は追いやすいと思ったものの、劇中の内容に関してはたびたび引っかかる(なんでそうなるの?って)部分が多々あって、そのあたりは尺の都合の問題で省かざるを得なかったのかどうか気になるところ。パンフレット買っておけば中に設定部分の詳細とか書かれてたのかもしれないけれど、それはもう遅い。
 個人的にはつまらないとは言わないけれど、面白いとも言えない微妙な作品でした。ED以降に続編っぽいムービーが流れていたのもちょっと気になるので、もしかしたらポッピンQは東映60周年記念作品だけあって、劇場版第二弾かテレビシリーズでの製作でも考えてるのかも、なんてことを考えてみる。

 ちなみに、冒頭でのアンジュ・ヴィエルジュのコラボ。私はUR 都久井沙紀がガチャ回して二枚まとめて排出されたので、彼女をLRに覚醒させるつもりで育成中です。コラボストーリー全解放すればもらえる一枚で覚醒完了するので、もう少しの辛抱です。

 そんな感じで年明け一発目のブログ更新がこんな感じでした。
 今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。